カテゴリー: 読書

読書記録

命日

だからと言って何もできず。
あの時も、何もできなかったな。

自分も危うくなっていろいろ考えたり考えなかったり。

ちょっと離散数学をかじってみようとしたり。

シバの考えてたことを複素数と離散数学の両面から考えるとどうなるのかと、
ぼんやりと。

RSA暗号の仕組みの方から迫れるのかも・・・。
と、妄想していたのでした。

風邪ひいて調子悪い。

さて、明日はコード書く余裕あるかなあ・・・。
仕事の。

仕事で仕事のコードが書けないという謎。
ううむ・・・。

デバッグ作業ひと段落。クライアントの仕事待ち。休日作業の限界。

プログラム仕事の不具合をちゃっちゃか直してます。

クライアントの修正注文が来て、その結果、
仕様変更にお伺いを立てなければならない状況。
やってもいいけど、すごく見づらくなるよ。と言う局面。

で、クライアントは休日なのでした。

一方、リモートでのパソコンレクチャーは。
なんとか切り抜けた。

近日中に解説書が出るので、それをお読みくださいで逃げ切った。

くたびれた。

あとは、クライアントの検収をどう設定するか。
作業中に増えていったデータをどう拾っていくか。

スクリプト一本書きますかね。
休んだツケが回ってきた。ゲホゲホしながらなんとかクリアだ。

 
 
 
 
 
別件。
おそらく法知らずなのだろう人間が法について語るのってものすごく滑稽だ。
おそらく自らの想像の中で結婚について語るのも。
本人はうまいことを言ってるつもりなのかな?
専門外のことに口出すテレビのコメンテーターの真似かな?

情報の雑音を聞き分ける能力を磨かねば。

他山の石として、今の仕事終わったら、次の作戦開始だ。
情報集積中。

世間って・・・注意深く調べないと、騙されるからねえ。
どこまで行っても魑魅魍魎がうようよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

AIの進歩と人類のフレイルティ

AIの進歩はとどまるところを知りません。
そのうち人間がなんの判断もなしに全てが片付いてしまう社会が来たとしたら、
人間自身は退化していくのでしょうか?

現に、ワープロの普及で漢字が書けなくなってたりとかしませんか?
ちょっとした計算ができなくなったりしてませんか?

すでに人類の衰弱は始まっているのでしょう。

で、AIが十分に賢いとするなら。

人間に対して、課題をぶつけてそれを克服せざるを得なくするような
リハビリテーションを行うようになるかもしれません。

人類の克服しなければならない課題・・・例えば、戦争。
AIの普及で仮に戦争する必要なく皆が豊かになったらば・・・。
争いごとに対する課題解決力がなくなってしまう。

紛争解決力が人類の能力として必要ならば、AIは戦争を仕組んで人類同士で解決させようとするかもしれない。
そんな気もするのです。

人間の喜びが自己実現であるとするならば・・・。
なんらかの困難を乗り越えて目的を達成しようとすることになるわけですが、
AIが人類を大きく超えて行くとしたら、
困難はバシバシ解決されてしまう。

立ち向かう困難がなくなった時、人類はどんな生物になるのでしょうか?
生物多様性を尊重してくれるAIが存在したとしたら、なんらかの方法で人間を飼育するでしょうか?
と、すると、人間を人間たらしめる苦難を乗り越える力を保全すべく、
AIは困難を、例えば戦争を準備するかもしれない・・・・。

人間とAIの戦いではありません。
人間同士の戦いをAIが仕組むのでしょうか?

人間という生物種のリハビリのために。

これはマジでやらなきゃならないという命がけの事案が、
AIによって次々仕込まれていくのかもしれないという・・・。

人間のQOLが何によって作り出されるのか?
人によってまちまちであり、当然、ヤクザな人間も多いわけで。
賢いAIはきっと、なんか困難を用意してくれるんではないかと。

杞憂?

ゲームとかでは済まない、実存が脅かされる状況で初めて出現する人間性もあります。
AIがそれを仕掛けてくる。
その難問を解き続ける人間たち。
そんな構図が将来は待っているのかもしれません。

と、いうことを生命倫理系の本を読んでて思いました。
この本に出てくる、糖尿病のじいちゃんに、生きがいのあんぱんを買わせるべきかどうかを介護者が決めていいのかという、
些細な問題から、戦争まで話を振って、AIからめただけなんですけれど。

フレイルってこんなやつ。
国の介護施作でも考えられてる。

とりあえず人間は苦悩から逃れることはできない。
苦悩してなんぼ。そんな気がするんで書いてみたけど、伝わったかどうか。
どうでもいいんだけど。

人類みんな介護対象。
人類みんな障害者。

そんな確信が強まった今日でした。

腹減った。

早朝目覚める。
腹が減った。
疲労している。

ヴォトリエント飲むためにすぐには食べることができない。
早めにヴォトリエント服用して、朝食を早めることにしたが・・・。

請求書でも作るかな。

システム制作のお仕事の方、詰めの段階にきている。
ベースはほぼできたので、ユーザインタフェースの作り込みに入る時期か。
使いやすく仕上げねば。見栄え良く。

機能が当初より増えている。
必要なパラメータも調整可能にしてみたり、なんやかんやで複雑化。
仕様を最初にかなり大きめに見積もったが、削れた機能と詳細化された機能で相殺か。
実稼働サーバでの設定がうまくいくのか?という問題をクリアしなければならないが・・・。

今日は日曜日に仕上げた制作物の発送もしなければ。
23日必着。
ギリギリだ。

現在の仕事がひと段落したら、装備品の整理をしよう。
書籍も。目を通すべきものに目を通して整理。

しかし、腹減った。
ヴォトリエント服用後、1時間はものが食べられない。
空腹をどうやって紛らわそうか。

一息ついたら、やっつけられるとことからやっつけよう。
できるところから。

まだ、アタマ起きてないけれど。

躁状態で精神医療否定されてもなあ。

躁鬱病で波を繰り返してる方が、
現在調子がいいらしくて、向精神病薬にネガティブな意見をばらまいてる。

薬物との相性は人それぞれだから一概に効くとも言えないのだが、
他人巻き込んでオルタナティヴの世界に引きずり込もうとするのはやめろ。

思想的にはわからんでもないが、頭の中身が被害者意識で凝り固まってるのに気づけ。

思想良心の自由はみんなにあるはずであるから、
自分に同調させようとすることで他人の思想に干渉してくるな。
そいつのやってることは、「対話」ではない。
聞きかじりの情報を右から左へ流しているだけで、薄っぺらく善人を気取っている。

薬が嫌ならお前だけ飲むの止めてろ。

陰謀論やら精神医療の未だ到達しない部分をあげつらって、
批判のための批判に夢中になってるのは、もはや害悪に近いぞ。

わからないことがあるのだから断言すんな。

精神科医や薬に支配されてると思ってるのは自分自身がそうなだけであって、
一精神医療ユーザーとして現代の精神医療で良好な状態にある人間もいるんだ。
自分の今までの考えと他人が同じだと思うなよ。

多分、こいつに近いところに影響されてるんだろう。

もういいから。
躁転しているのが自覚できないのはわかったから。

電車の中で大声で薬止めるのがどうのこうの説得にかかったりするのはやめてくれ。
いろんなタイムラインに雑多な情報を流し込むのを控えろ。
迷惑だ。
オルタナティヴ界隈が胡散臭く見られる原因を作ってるぞ。

これだから・・・・。もう・・・・。みなまでは言わんが。