ボランティアに行ってきたんですが

近所の施設に、福祉の仕事(その事業所の仕事)はどんなものか知るためにボランティアに行き、
同時に、就職活動の相談にものっていただきました。

構造的にハッキリしない立場に置かれていまひとつスッキリしないのだけれども、
まあ、全部が全部はっきりすることはないだろうし、
中途半端なことへの耐性をつけるのにはいいのかなと思ったりもします。

やってることは内職作業。箱折りとか、袋詰めとか。

何種類かの作業をメンバーさんとするのですが、
なにせ、はじめての作業ばかりですから、教わることばかり。
また、仕事のための訓練ということですから、私語でコミュニケーションとるのもどうかという感じ。
黙々と作業です。

検品作業中、作業の間違いを発見したりするのですが、
なにせ作業についてはこちらが後輩。指摘にも気を使います。

一連の作業を覚えて、メンバーさんの顔と名前を覚えて、
それからいろいろなことが始まるのかなと思いました。

まだ、助走段階。今行っているところで雇ってもらうわけではないので
助走のさらに助走なのですが、「できることをやる」しかないので、
しばらくは様子見です。

援助されながら援助する・・・。まだ、ひとを援助するところまで行ってないけれど・・・、
難しい立場だけれど、乗り越えなければなりません。

つぶれないようにすごせたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA