社畜への道

10月1日。仕事先で来年の新卒の内定出した。

コロナ下で遠方から呼び寄せて、密室でカンヅメ。

素直に応じる学生。

なんか違う。

なんなんだこのモヤモヤした違和感。

飼うものと飼われるもの。

いいのか?それで?

内部の腐れっぷりを暴露したかったが・・・。

その合間に役所とやり取り。

知るかよボケ!的な書類情報の変更に、オレ様式で勝手に対応。

まあ、重箱の隅つついても、大勢に変化はあるまい。
が、そこにこだわるか?

重要なところを大外ししてる。

全くもって馬鹿馬鹿しい。

本質を外した人間って・・・。

大卒に挨拶の大切さを説くか。

だから、挨拶されないんだよ。まともに。

すくれいぱー

暇を見つけて、
サイトのスクレイピングをちまちまやるですよ。

管理画面からのスクレイピング。

データをダウンロードできるようにしてあればこんな事せんでもええのに・・・。

APIもない。
つくづく不親切。

ってなシステムがまかり通ってるからエクセルでの申請が問題にされるんだろうし、
ハンコが生きているのかな。

まあ、せっせといじるかねえ。

文系なあほと理系なあほ

ぶんけいなあほは、すうじのたんいがわかりません。

りけいなあほは、いべんとのしゅしがわかりません。

文系は数字をいじって出てきた数値の意味が分かってない。
それを改善すると言ってるけど数値について。とんちんかんな理屈を展開する。
で、目的に固執する。

理系は数字にこだわってその数字を最適化しようとして趣旨を忘れる。
健康のために体重を減らすのに、体重の数値の最小化にこだわって、
体重を減らすためなら不健康もいとわない。

という状況に遭遇。

楽しいなあ。
これでも、ものごとが進んでいく。

ボロボロなはずなんだけど。
不完全なものを収拾する能力ってすごいなあ。

うーん。

新卒採用なんてシラネーヨ

拘束されて、作業を見てるだけ。
という仕打ち。

腹立たしい。
10月1日の内定出しの準備で、傭兵の俺が何できるというのだ。

内定式?

リモートでやれよ。

地方から呼び出して宿泊させて、密な会議室に押し込めて・・・。

その金あったらNAS買えたろうに・・・。

ああ、腹立たしい。

一桁人数しか採用できないのにこの状況。

なんじゃ全く。

黒いのに気づけ!!新卒学生!!

なんだかんだで…。

自作で行くか、ありものを使うか。

wikiでもインストールしてNASのファイルサーバと連動させるのが一番手っ取り早いか?

と、すると、

この辺りを使って、apache立ち上げて・・・っていうのがいいのかも。
ディスク含めて約3万円の支出か。

仕事先で経費として認めるのかどうか?

他のいろいろなモノもついてくるからええかもな。

という凡庸な結論になるのか?

なんかやだなあ。