パソコン救急隊出動!精神の病とパソコンの病。

知り合いのパソコンが調子悪くなったので呼び出されました。

患者は富士通のノートパソコンwithバッファローの無線LANのルータ。

今回はIE6からIE7へアップデートしたらネットに接続できなくなったという現象。

見てみると、モデムとはデータやり取りできてて、特に異常は無いみたい。
何かなあとアタマをひねりつつ、ルータを調べたら、
プロバイダへのログインのパスワードが書き換わってた模様。

何でこんなことがおきるんだろう?

正規の(プロバイダから送られてきた書類にある)パスワード入れたら復旧。
ソフトのバージョンアップでルータが影響されるって・・・?
なんか腑に落ちないけど直ったからまあいいや。

でも、一昔前のパソコンに比べて設定が楽になってると感じる。
自分が慣れたというのもあるけど、パソコンが進化してるのを感じます。
そのかわり、根本的に何が起こってそうなったかわかりにくい。
今回もクラックされてるんでなければいいけど・・・。

よくわからないけど直るってのは、いまひとつすっきりしない。

精神科の先生もそう思って患者を見るのかな?

とっても感謝されたのだけれど、なんかひっかかる一件でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA