OFF時にどこまでOFFにできるか。

おいしいものを食べるときは一瞬OFFになれます。
おいしいものを食べるときは一瞬OFFになれます。

大阪遠征のまとめと、休息の取り方について。

4月の9日から12日まで静岡から大阪に遠征したわけなのですが、公共交通機関や師匠の自家用車を使用したとはいえ、歩きに歩きました。

まず、駅から保健所まで歩きました。商店街を抜けて市役所を通り過ぎて脇道に入って・・・。
重い荷物をフル装備状態で歩いたのは間抜けでした。コインロッカーというものを忘れていました。

その後、ホテルまで複数の交通機関を乗り継ぎ到着。駅構内が結構広く、私鉄と地下鉄の乗り換えだったために若干歩くことに。

不動産物件を駅から歩いてどのくらいかを体感するために実際に歩いて確認してみたりもしたのですが、それも、複数の交通機関の最寄駅からどんな感じか確認するという念の入れ方をしてしまったために、歩いた距離はかなりのものに。駅から徒歩15分とのことですが、実際には18分くらい。荷物を持ったら少しきついかなと思いました。

あと、買い物スポットの確認。引っ越し時には最小限の荷物を持ち込んで必要なものは少しずつそろえていく予定です。大阪でも街を離れると郊外の大型店舗を除き、商店街などはきびしそうな感じでした。
で、店舗の集中している現在開発中の街を見ました。ここのビルの一角に通院先候補のクリニックがあったり。

11日には今回の目的からは外れましたが、せっかく関西に出てきているということで、京都まで足を延ばしました。清水寺では歩きまくりました。OFFのつもりでOFFになっていないハードな状況。桜の季節でもあり、名所中の名所ですから人も大勢。休息をとるというのには程遠いONな状態でした。

で、帰ってきたのですが、なんか頭が過覚醒っぽく、休まらない。
次を考えているからでもあるのですが・・・。

OFFにするとき完全にOFFにすることはできない。
人間はそうできているのだろうなと思いました。
だったらどうすれば休めるのか?

統合失調症の急性期が過ぎた後の何もできなくなるあの状態がOFFというものなのか?
でも、あのころの心の状態はOFFには程遠かった。ゆとりはなかったです。
ひきこもっていたころもOFFになった感覚はなかった。

この休息のとれなさ加減は病気のせいなのか?人間の本来の姿なのか?

はたまたOFFになるというのは死を意味するのか?

休み方が下手なので、休みながらこんなことを考えています。
働きだしたらこんなことは考えられなくなりますね。

就職について、気がかりな情報というか、思わせぶりな発言を聞いたのもあって、妄想がいろいろ・・・。私の能力の幅いっぱいを使うとすぐに潰れるということが理解されているのか?特性がわかってもらえているのか?なんか勘違いされていないか…?ああ、OFFにできない・・・。

頭の中が各種情報が散乱した状態で、今後の複雑な役所との手続き戦争に対応できるかどうか・・・。今はなんとかOFFにすることに集中してます。

人間の考えるという行為をOFFにすることはできないのだろうな。
はたまたそれができないのが私の病気なのか・・・?

ぐるぐると頭の中を歩き回っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA