プリンターと形式主義と内緒話

潜伏しながら、nvsnvaさんの協力を得て、ごにょごにょ進行中。

新しいプリンタも使ってみたくてしょうがないので、道具づくりに使ってみました。

WRAPの私専用バインダー
WRAPの私専用バインダー

なんかいい感じ。形から入るですよ。

イラストレーターでトンボが出力できなくて困った困った。
結局、目見当でカットして作りました。

プリンタはやっぱりインクジェットだ。
カタログの数値の10倍遅いと考えるべきでした。

・・・つうか、誇大広告だよあの数字は。
「A4最速35枚/分(モノクロ)28枚/分(カラー)」って何を印刷するとそんな数値になるんだろ?

色合いもいまひとつ。使いこなすにはいろいろ試行錯誤が必要なようです。

とりあえず、いろいろやっていますということで・・・。

3 comments

  1. m.takeda says:

    おはようございます。

    横から失礼しますが、WRAPってそもそもターゲットとしている病気が躁鬱病ではないのでしょうか?

    なるほど、あささんが必ずしもご自身だけのためにWRAPを試しているのではないなら、筋が通ってますけど。

  2. あさ says:

    >m.takeda さん

    おはようございます。

    ターゲットは特に定まっていないようですよ。

    まだ議論できるほどの知識も経験もありませんので何も言えませんが。

  3. m.takeda says:

    赤本(笑)を読み返してみたんですが、WRAPを、鬱や躁鬱に応用する本をコープランドさんが書いているので、どうやらそこで混乱していたようです。すみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA