クラウドコンピューティングとカレーを喰らうど

昨日本屋で見つけたクラウドコンピューティングの本を読んで妄想を膨らませております。

なんだか機が熟したようにポッと自分に情報が入るんだなあと不思議に思います。

そんななかでもおなかはへるわけで、カレーを作りました。
異様に具だくさんになりました。

具がいっぱいのカレー
具がいっぱいのカレー

カレーって野菜を多くすると旨くなるんだとちょっと発見。

簿記の勉強も少しづつ進行中。がんばるぞー!

4 comments

  1. シバ says:

    ソニーって未だにあきらめて無いみたいな話あったけど、
    どーなったんかなぁ。

    http://www.ps3-fan.net/2009/03/ps_cloud.html

    クラウドって、実際にはちょっと怖いよね。

    自分のマシンが変にされるってのもあるけれど、
    誰にとって有効なのかはしっかり考えておかないと
    核爆発のシミュレートとか、あやしい新薬の分子モデリング・・・

    いつのまにか悪の片棒を担ぐなんてことになってたり。

  2. あさ says:

    >シバ さん

    わたしはアマゾンのEC2ってやつに相乗りしよっかとか考えてるわけで・・・。

    国内でソニーがクラウドやってくれるんならそれもいいかな・・・。って思います。

    悪の片棒を担ぐ・・・って、ま○ちゃんの片棒を担ぐってことかな・・・?

  3. シバ says:

    自分の実務は確実にSaaSに向かうと思われるので、気はなるんだけどね。
    (イラレやフォトショは現実的に借りてるようなもんだからねぇ)

    通信の帯域がもうちょっと多く確保できれば、
    自分のパソコンはOSとブラウザと個人データだけ、
    アプリは入ってませんみたいな感じになってくのかなぁ。

    あ、NECも頑張るみたいなー
    http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0910/14/news065.html

  4. あさ says:

    >シバ さん

    クラウドは負荷に応じて対応できるシステムを組めるのが魅力です。

    しょぼいことになったとき損害は小さく、まぐれあたりしてもなんとかなる・・・。

    NECはスケールメリットが享受できるところまで顧客を増やせるかが問題かと。

    グーグルとかのサーバ群の余剰能力と戦って勝てるのか・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA