腐った夜勤ナース

眠れそうでうとうとしていたら、どっかのおっさんの怒鳴り声が。
ナースに文句を言いたいらしい。

リアルクレーマーかと思ってたら、当直ナースがみんなで逃げ回ってやんの。

対応しろよ!!ねむれないじゃないか!!

それが22時30分。23時30分にやっとおさまりました。
目がさえてしまいました。

無理にでも寝ようと思って、アモバンをもう一錠ついかしてもいいか
ナースにお伺いを立てましたところ、名前も聞かず、カルテも見ないで
「いつも飲んでるならいいですよ」と、即答。

せきにんだれがとるんだろ?

隣のベッドはおおいびき。
向かいのベッドは夜間にナースを何十回も呼び出す勢いのじーちゃん。

眠れん!!!!!

と、いうわけで徹夜明けで手術に臨むことになりました。

体だけは休めときましたが・・・。

私が死んだら、市立T中病院のナースの職務怠慢のせいにしましょう。

朝飲む下剤の2リットルもあるやつの申し送りがぜんぜんされてなかったのも
恐ろしいことであります。

朝5時から2時間かけて飲めっていうから緊張してたのになんだそれは!!

手術終わったら、先生に言ってやろう。

うう、なんて低レベル。命がかかってるのに・・・。

2 comments

  1. ゆば~ば says:

    昨年母がおなかの奥のほうを開けて膵臓の一部やら胆のうやら十二指腸をとってしまう手術を受けたので、ちょうど今のあささんの状況がリアルに想像できます。
    術後のブログ更新をみんな心配しながら待ってますよ。

  2. あさ says:

    >ゆば~ば さん

    とりあえず山は越えました。

    後はリハビリです。

    しかし、統合失調症に加えて癌とはまあ、病気コレクターとしてやっていけそうな勢いです。

    ああ、くたびれた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA