命の重さ

分子標的薬を調べたら・・・。
ネクサバールとかスーテント。
一錠5000円とか8000円台。
それを一日に何錠も飲むことになる。

貧しい国の子供たちを救うために・・・。
いや。

いやいやいや。

自分だけ助かればいいのか?

生き残ったとしたら責任は重いぞ・・・。

7 comments

  1. シバ says:

    去年調べた時に、もうすでにその2種より新しいのが出てたね

    えーっと、ここだ。
    http://www.gsic.jp/cancer/cc_11/mdc05/index.html

    このトーリセルってのがもの凄い値段で覚えてた。
    http://surveillance.blog85.fc2.com/blog-entry-25.html

    ちなみにネクサバールはジェネリック出てて(ググってね)
    ネット通販で買える、値段は2割以下・・・恐ろしい世の中だ。

    んーまぁ、貧困とか命の・・・とか言い出したらキリ無いからねぇ。
    俺なんて北ち・・とか南ス・・・とかに生まれてたら
    1歳にも満たないで死んでたから。

    それこそ詮無い話しだけど。

  2. あさ says:

    >シバ さん

    ありがとう。

    ネクサバール・・・2割でも高い・・・マシにはなるけど。
    毎食が高級外食になるくらいかな?
    ・・・インドって国は・・・謎だ・・・。
    きっと現地で買えばもっと・・・某氏のつてで・・・いやいやいや・・・。

    トーリセルはぶっ飛びですな。

    たぶん、ネクサバールかスーテントから来るんじゃないかなと予想。
    ジェネリックかぁ・・・日本のサイトでは薬価まだ出ないんですよね。

    広告欄が「あなたの3000円で100人をこえる命を・・・」
    になってて、げしょげしょ。

    生き物らしく、生存欲求に任せて生きるしかないね。
    死ぬのは簡単。生きるのはかくも難しい。

  3. シバ says:


    オイラ、今見えてるのは同じ3000円でも
    スリムビューテーハウスの骨盤ダイエットで
    ビビアンすーが笑ってやがりますです。

    ネクサのインドジェネで保険が使えりゃねぇ。
    1錠牛丼並く・・・ゲフンゲフン。

    トーリセルは週1本だから薬価的にはそんなに違わないんだろうけど、
    点滴にて静注だから処置分が馬鹿にならないっすよね。

    と、なんの話しやねんて感じの皮算用だ。

    闘え!ドラゴン
    イナズマンに負けるなっ

  4. あさ says:

    >シバ さん

    超力招来!!

    この手の薬は副作用も半端じゃなさそうなんで、
    ジェネリックを自分で使うっつ−わけにもイカンですわな。

    使うのやめるとリバウンドするらしいし。

    サナギマンになって耐えるのですよ。

    レインボーマンってやっぱその手の薬使って超能力を・・・いやいやいや・・・。

  5. まっちゃん says:

    インドの山奥で修行したまっちゃんをお呼びですか?

    つまり生きるって事は、誰かの犠牲の上に成り立っているわけで、そのトップオブザトップに君臨するまっちゃんとしては、みんな僕のために傷つくのはやめて!!って感じでみんな仲良く!!    っな!!

    生き残って財布に小銭があれば、寄付をして、なんか良いことしたみたいって感じで小さな幸せをかみ締めて、歯を食いしばって生きていくのです。

    まっちゃん的には、結婚出来たし、次の世代に遺伝子が残ったわけで、家も建てたし、ランちゃんで暴走運転もよくしたし、後はブサちゃんで、ふわわを狙う、そんな良い感じの人生で幸せだと思います。

    あとは、40代コンビニバイトって感じで、そろそろ会社を辞めたい今日この頃・・・・では!!

  6. あさ says:

    >まっちゃん

    黒澤明の「生きる」じゃないけれど、
    なんかできないかなと思い続けて幾星霜。

    何もできない自分にいらだちつつ、
    それでもなんかやらなくちゃとあがいています。

    コンビニバイトをなめたらあかんぜよ。

  7. シバ says:

    まぁ、かってに分子標的薬は飲めないよね。
    通販で買えたとして、買った人はどうするのか疑問。
    増薬?どんだけ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA