ペケパ

ガキが唐突に『「ペケパ」ってなあに?』と聞いてきた。

と思ったが、『「ペケパ」ってのはねえ・・・ペケパだからなあ・・・』
続けて、『やっぱりペケパだもんなあ・・・。』

『ああ、ペケパ!ペケパ!』

と煙に巻いて今夜の我が家の流行語になりましたとさ。

「ペケパ」な事です。

宿題の作文、一文字間違えただけ(文中に一文字余計な文字が入ってた)で、全部消してやり直すガキ。

まだ悪知恵は十分回らないようです。どっかで読点入れて調整しろって教えてやっても頑固にやり直します。

ううむ。

5 comments

  1. まっちゃん says:

    ぺけぱ?おかしいな、うちの子の時には「ぽこぺ」だったけど。
    確か意味は兵隊志那語で「らぁめ~♥️」だったかな?

    時代と共に言葉は変わり、意味も変わる・・・・時代の節目を見ているんだね🎵

  2. あさ says:

    ああ、ペケパ!

    資格維持の講習の予定、どこに突っ込むかなあ・・・。
    2つ分の□。
    web講習だが、何時間かかるんだろう。

    アカダマポンチ!!

  3. シバ says:

    刺客の意地は大切よね。

    刺客とったのやし。

    ※えぇとぉくのせっかくの変換候補になぜか居る刺客

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA