なにやってんだ俺。往生際が悪いぞ!

PSWの協会の模擬試験に行ってきました。

しごとやめる気になってるのに、いまさらなんだけど…。

試験監督には知ってるワーカーさんがいっぱい。おそろしや。
会場に受験生は10人程度。監督の方が多くないか?
自宅受験にしとけばよかった。

ここしばらくの不調を押しての受験です。
午前1時間55分、午後2時間20分。しんどかったです。

その場で採点していただいたところ午前42/80、午後55/80だったそうです。
解答集もらったので復習しなくちゃ。

地域福祉論が2点しかとれてなくて冷や汗。
でも総合では会場内では成績良かったみたい…。

この世界から離れるつもりの自分が勉強に集中してるはずの学生に勝っちゃっていいのか?学生さんしっかりしてくれよ。不安だよ。
他の会場も含めた正式な結果が来ないとなんともいえないけど…。

おっと、某所で検索したら私よりいい点取ってる方が簡単に見つかりました。
「6割とれて合格」ですから当然か。
まだまだ勉強しなくちゃ。

…いや、そんなことより生活をどうするか…。
 

でも、ああ、あしたは請求事務やりにボランティア出勤です。
もう、ボランティア。
だれもいない事務室は、いつものうるさい人たちがいなくて快適なんだけど。

なんか、不全感がつのります。

—————————————————————–
追記

そんなこと考えつつネット漁っていたら、
社労士兼行政書士で働きながら精神保健福祉士取ろうとしてる方のblog発見。
すごいなあ。
—————————————————————–
追記2

上のblog読めば読むほどなんだか「がんばろう」という気になる。なぜだろう。
病気で能力がガタ落ちの自分では到達できない世界。
言い訳してちゃいけないかな。
なんかのプロになるってのはすごいことなんだ。

あと、ちゃんとした仕事するってのは大事なんだね。
自分に残された仕事をちゃんと片付けて、

…次こそは…ちゃんとした職場につけるといいな…。
 
 
冷静になってくると絶望に襲われます。

One comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA