罪と健康

ちょっと考えた。

「罪もないのに犠牲になる」

こどもが戦争や病気で亡くなったりする。
これは痛ましく、涙を誘う。不当な運命を呪いたくなる。

では、逆を考えて、

「罪があるから犠牲になってもいい」

というのはどうだ?「罪滅ぼし」として正当なのか?「自業自得」?

理由があれば犠牲にされてもいいのか?
細かいシチュエーションを出さないとピンと来ないかもしれない。

悪者は成敗されて当然?時代劇。水戸黄門?

罪のあるものには人権を認めない・・・?

でも、人間はみんな等しく罪を背負っている・・・としたら?

どっかの宗教?生き物を食べるために殺してることとか。
人間による環境負荷のこと考えたり。

「罪があるゆえ人類皆殺し」って正当化されるのかな?

「罪」ってなんだろう。ニーチェまでひっぱり出すとやっかいなのでそこはパス。

俺、何考えているんだろう?

自分に生きている価値ってあるのかな?自信がない。
人は生きているだけで価値があるとはいうけれど。

PSWにあるまじき思考。でも、常に考えとくべきことのような気はする。

心神喪失って罪?加害者と被害者・・・。

みんなが考えてみんながつまづいてみんなが考えるの途中でやめる。
現実はそのうち容赦なく襲ってくる。

こういうこと考えられるのは余裕がある証拠。

俺、健康なのかも。

限りなく不健康な健康。

↓「つまらない」をクリックしていただけるとなんか安心できるような気がするんだけど・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA