ゆっくりゆっくり

e7bcb6e38191e3828ae3838fe383abe78cab

読書はやっと9章あるうちの第3章まで読みました。
ゆっくりゆっくり。

確実に読もうと思っても、読んだ先から忘れていく。
最後に何が残るだろうか?

なにかひっかかるといいけど。

で、本の世界にいると現実をおろそかに。
背後からしのびよられて缶けりのごとく蹴飛ばされる。
ものごとに没頭すると見えないところに隠れてる奴にスコーンとやられる。

呆けています。でも、安心して呆けていられない。

のんびりとしながらピリピリしている。
まだまだ不安定な自分。

どうしようもないのだけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA