精神保健福祉援助実習報告書が返送されてきました。

精神保健福祉士の資格を取るための実習の報告書を大学に提出してあったのですが、一通りの手続きや成績評価も終わり、手元に返ってきました。

「施設情報」+「一日一枚。24日分。」+「まとめ」
「施設情報」+「一日一枚。24日分。」+「まとめ」

ボールペンで細かくみっしりと書き込まれてるのがお分かりになりますでしょうか?

読み返してみて、いろいろな記憶がよみがえってきます。
今になって、とても有意義な日々を過ごしていたのだと実感しました。

考えに考えて、必死になった4週間。
実習があんなにつらいとは思わなかった。
抗不安薬のドーピングでしのいだのだけれど、ストレスはかなりのものだった。
担当指導者のワーカー様には本当に厳しい指摘を何度も受け、そのたびに頭を抱えて悩んでいたのですが、いま、冷静になって読み返してみるとなるほどと感じることが多数あります。

渦中にいるとわからないものが、冷静になると見えてくる。

いえ、まだまだ見えていないものがあるはずです。
じっくり読み返して、反省したいと思います。

この上にこれからいろいろ積み重ねていくのだなあと思います。

・・・積み重ねられるのかな?

いや、積み重ねるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA