クレジット審査に落ちました。

〇ドバシカメラの会員カードという名目でカードの申し込みをさせられました。

いたるところでクレジットカードを作らされそうになります。

電気屋で買い物をすれば作らされ、
銀行の口座を開設すれば作らされ、
あげくの果てには学校を卒業したら作らされました。

一人暮らしの無職では審査が通りません。
面倒くさい書類をいっぱい書かされた上で通知一枚で拒否されます。
貧乏人に手間取らせたんだから、米を一合でもつけて返せよ。

無差別にカード作成を勧められるたびにこちらは傷を負っていきます。

貧乏人がカード持ってても仕方がないのだけれど・・・。
強引な勧誘はやめてほしいな。

でもね、学校の同窓会の会員カードだけは手に入れたよ。
クレジットカードとして使う気はないけれど・・・ね。

 
 
 
で、さらにおもうのだけど、貧困者の生活を支えるためのクレジットカードに類するシステムってできないものでしょうか?

貧困は社会が生み出すという観点からして、共同募金会とか社会福祉協議会あたりが音頭をとればなにかできそうな気がするのですが・・・。当然支出はデータとして残るわけで、金銭管理のアドバイスなども的確に行うことができると思います。システムが進化すれば一定額以上の出費や、特定品目への出費を制限するようなことも・・・。際限のない管理社会につながるのかな・・・?でも、生活福祉資金などと組み合わせれば有効な仕組みが作れると思うのだけれど。

すいません。妄想です。


妄想はさらに広がって、成年後見制度や障害者手帳とのリンクがなされたらどうなるのか?交通機関の運賃減免にも対応できたら?身分証明に使えるとしたら?自立支援法の受給者証と一体化したら?さらには年金の支払いや生活保護とのリンク、成年後見制度とのリンク・・・。

・・・そんなシステムができたとして、システムがダウンでもしたら死者が出かねないか・・・。
悪用されたらどうなるのか・・・怖い社会と便利な社会は裏腹なのかな?

住民基本台帳カードってあったけど、あれの発展形で作れないかな?とも思ったり。
麻生さ~ん。試しにどっかで実験してみて~♥

・・・きっと私はその審査にも落ちるんだろうな・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA