ストーカーへ転職

「わし最近転職したんや」

「この厳しい中ようがんばったのう、何に転職したんや?」

「いままでニートやってんけど、今度はストーカーやねん」

「そうかそうか、うまく転職できてよかったのう・・・ってそれ職業ちゃうやんけ!」

「いやな、ストーカーになるには結構苦労するんやで」

「そんなもんになるのに苦労いらんやんけ」

「いやいや、結構厳しいで。まず三日は風呂に入ったらあかんのや」

「関係あらへんがな」

「目脂と髭と髪ぼうぼうと煙草となあ、きったなくせんとあかんのや。きびしいんやで」

「そらきびしいわな、それで?」

「お尻の破れたジャージを着ないとあかんのや」

「ますます関係あらへんやんけ」

「そういうこときちんとせんとストーカーにはなれへんのや」

「きちんとしとるちゃうがな!」

「そういうことやっとると出世できるらしいんや」

「ストーカーが出世するんかい」

「バラバラ殺人ができるようになるんやて、どや、すごいやろ」

「出世ちゃうがな!!」

「新聞にでかでか載れるんやで、大出世やがな。田舎のおかんが泣いて喜ぶで!」

「そら別の理由で泣くんや!!」

「なにゆうてん、しかも2ちゃんねるにスレ立ちまくりの大祭りやで」

「あほやな、晒されてうれしいんかいな。」

「厳しい難関をくぐり抜けてやっとなれるんやで、自慢せんとあかんがな」

「苦労は報われんといかんからのう・・・って、自慢にならへんがな!!」

「まあ転職成功するってだけで、今の時代、勝ち組やで!」

「どこが勝ち組や!もうやっとられへんがな!!」

「どうもありがとうございました〜」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA