障害者差別促進法案

今日は障害者差別禁止法についての講演を聞いて来ました。

そして思いました。どうせ作るんならば・・・

「障害者差別促進法案」ではなかろうかと。

差別をマイナス面だけで捉えてはいけません。
プラスの差別もあるのです。

障害を持つものにはプラスになる差別をあまねく与えること。
たとえば、交通機関の割引などは差別の代表です。

そう、そしてみんなが障害者になりたがる世の中を作るのです。
わざと障害者になるのはアウト。それはルール違反です。
しかし、だれもがみんな何かしらの障害を抱えているものです。

ICFの定義によれば、障害というのは社会によって作られるもの。
社会に原因のある障害など山ほどあるし、ほとんどの人が障害者になるのです。
みんな誰もが障害者。なんて素敵な社会でしょう。
みんなが健常な社会なんて、ありえない。
障害を持って生きるのに不自由無いように、すべての障害者に特権を!!
そして、生活に不自由を持つ人はみんな障害者!!

どこから財源を持ってくるかって?

障害のない人から持ってくればいいのです。
20%の金持ちが80%の財を占有するような世の中(もっとひどいのか?)
だったらできないこともあるまい!

え?金持ちにも障害がある?そりゃそうです。

財産蓄積過剰障害とか財産消費不全障害とかですね!

そういう方には「超絶累進課税の特権」を付与いたしましょう!!
そして、名誉と名声をおまけにつければいいじゃないですか。
名誉と名声は大きな差別ですよ。促進しまくりましょう。
差別化はマーケティングの鍵です!売名にもマーケティングの応用を!

ええ!みんなが障害者なんです!!
苦しい人生を歩んでいるんです!

ガンガン差別してお互いの偏差を認め、
差別と偏見に満ちあふれた幸せな世の中を作ればいいじゃないですか!!

障害者には格安家賃のマイホームを与える差別とか!
障害者施設を建設するのに反対する狭量な心性を持つ方々には差別を!
電車で足の弱ったご老人が立っていたら座らせる差別を!
災害や事故で苦しむ方にも差別を!
直接間接問わずに差別しまくりです!!

差別しない人は法律で罰せられます!

差別差別差別!!

差別を禁止するなんてとんでもない!
国民総出で差別です!

憲法も改正です!

「すべて国民は、法の下(もと)に不平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されなければいけない」

基本的人権を守るためにはどんな差別も厭わない!!

 
 
 
 
 
 
 
 
すいません。疲れてるんです。精一杯ボケたんでツッコミ入れてください。
ハラ減った。

忙しいんで壊れました。哀れな障害者に差別の手を!!

4 comments

  1. おりん says:

    まだ、作ってる途中なので、わかんないところが多かったです。
    その後のことが知りたかったです。
    裁判やって、改善されたら終わりなの?
    判決に従わずに何もしなくても
    「精一杯努力してます」って言い逃れされるのが日本みたいな…

    http://ja.wikipedia.org/wiki/ハンセン病元患者宿泊拒否事件

    この事件、地元でリアルタイムで見ていたので見ていたのですが
    裁判に負けた差別者と、何にも差別感情などなかったホテルの従業員は路頭に迷い
    ハンセン病への差別や偏見の改善はできないどころか中傷が増え
    被差別者に裁判されるとおそろしいことになるので余計避けられることに…

    差別法に添って、新しい法律や現行法を変えても
    今度は「逆差別訴訟」が起ったり
    (その逆差別感情も差別とかいう泥沼)
    新たな反障害者感情が生まれたり
    差別表現や差別感情が地に潜ったりするだけでして

    差別をつきつめると、きっと感情のひとつですから
    笑うな泣くなを改めろは無理なのでは…

    もちろん、ポジティプな効果が多い法律なんだろうけれど
    なんか夢のような話ですよね

    すんません、自分のブログに書きます

  2. まっちゃん says:

    頭が不自由なまっちゃんが来ましたよ!!

    この頃70㌔台に入り、重力にチャレンジさせられていますが、それもまた障害なのでしょう・・・
    腹のたぷたぷを、奥さんに蔑まれ、「これはどこのお肉でちゅか?」などと、新しいプレイに盛り込まれ、有象無象にかかわり無く認知されていくこの理不尽さ・・・奥さん恐るべしです・・・

    しかし、差別を無くそうって事で成り立っているビジネスモデルをひっくり返して捏造して、さらには差別を増長させて、おいしいとこをもって行こうとは、万死に値するわけで、左翼やら右翼やら、バチカンやら、宮内省やらはたまた、その辺のおっさんに非難され・・・・・最終的には差別されるわけで、本人も本意の中でそれは楽しい時間をすごしているって事でOK?

    人が平等だったらすごいよね!けど、生まれる前に2億以上の精子が淘汰されるこの現実・・・・まあ、自慰暦20年以上のまっちゃんならば今の地球人口以上の精子を淘汰してきたのですが、皆はどうなのでしょう?

    1日3回やったとして、2億×20年×365日・・・・ああ・・・・俺絶対天国にいけない・・・・WW2で死んだ人より桁が違う・・・・しかも見も知らずの人では無く、自分お子供だよ!!自分の子供を自分の快楽のために・・・・

    業が深いとわかったことで、品性お下劣のまっちゃんは退場します。

  3. あさ says:

    >おりん さん

    差別って何か?ってことを突き詰めると、
    人間の認識能力の根源まで言ってしまうだろうし、
    やっぱり、感情的な快不快が人間の根本であるが故に、
    差別をなくすのは、形式的にはできても根本的には無理な気がします。

    だったらいっそ差別の方向性を変えていくことが解決策なのかなとか
    うすらぼんやり思ったりするわけです。

    逆差別や「特権」??みたいなのも含めて考えることはいっぱいです。

  4. あさ says:

    >まっちゃん

    重力の井戸の底であえいでいるのだね。

    論理的であろうとすればするほど差別的になるジレンマ。

    差別ではなくて、状況に見合った適正な「役割」が与えられれば
    解決するのかなと思ったり。

    と、いうわけで、奥さんとお子さんのおもちゃという役割を満喫してね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA