治療成功?

まだ傷が痛いのですが、CTの結果が出ました。

癌の転移巣は2つとも潰せたようです。よかったよかった。

今後、インターフェロンか分子標的薬に移行します。
1ヶ月後にもう一度CT撮って相談ということになりました。

これ以上転移が増えるようだと・・・。

まあ、なるようにしかならんわな。

6 comments

  1. シバ says:

    物理的処置は成功とみてほっとしてます。
    薬の方がツライこと多いと思うけど、がんばってね。

    と、書いたはいいけど
    こういう言葉って無責任だよねぇ。

    むーん、コメントって難しい。

  2. あさ says:

    >シバ さん

    ありがとう。

    むむむ。

    インターフェロンの自己注か。分子標的薬内服か。
    どっちも副作用きついみたいね。
    っていうか、注射の痛いのも、手や足の皮が剥けてくるのも慣れれば・・・。

    寿命を金で買ってるみたい。

    世間では死ぬのはがんに限るって本が出回ってて複雑な思いです。

  3. シバ says:

    今、現実に直面してる人にコメントする話しではないのだろうが、
    これからの急激な人口減少などを考えると
    精神疾患もそうだか、癌などに罹患した人の
    就労支援や社会生産性の維持は大切なテーマだよね。

    社会としてどう必要として
    サボタージュとの明確化をどのようにつけるのかなど
    複雑で困難な問題だとは思うが。

    というわけで御区長に立候補して
    風の啼く街・おおさカサンドラを牛耳って・・・

    え?もう募集終わってる?
    残念っ

  4. あさ says:

    >シバ さん

    これからは人口ピラミッドが逆さまになるんだしねえ。
    老齢人口の増加で疾病罹患者は増えるだろうし、
    若年者は過密労働か失業かの択一か?

    サボタージュも多様化するぞぉ。

    区長に立候補なんぞしたらストレスで・・・。
    魑魅魍魎の跋扈する世界ですから。

    ゼオライマー。

  5. まっちゃん says:

    やあ!まっちゃんです

    まずは良かった!これからは健康第一!って事で筋肉を付け、謎の拳法なんかを学んじゃって、獄長に立候補って如何?鬼の啼く街カサンドラクロス!!

    まあ獄長はさておき、やっぱり今時の手術はレーザーで焼ききるのか?それともメスでぐちゃぐちゃの、ぐちょぐちょにやられちゃうのでしょうか?
    実は強化サイボーグ手術で、加速装置なんて仕込まれたり・・・・いや!謎の遊星からの物体Xで頭が割れて触手が!
    触手といえばやっぱり男の夢!早く触手生えて来いって感じで、イカやらタコやら!!つまり大阪の奴らは触手が生えてくると信じて、たこ焼きを食らうわけで・・・そんな卑猥な場所に住んでる、あさちゃんはやっぱりいやらしいわけで

    う~ん!!


     ら
      し
       !
        !

    異常です、宜しくお願いいたします。

  6. あさ says:

    >まっちゃん

    今日は早く帰れたのだな。

    今どきの手術は「デムパ」ですよ「デムパ」!!
    幹部に針をブッスリ刺しといて「照射!!」

    あっけなく内臓は電子レンジでチン!なわけです。

    牛尾山の秘密研究所での殺人光線の応用ですな。

    触手だろうがなんだろうが、大阪人にかかればコナもんの具ですわ。
    食い倒れの街で「海と毒薬」でも読んでニヒルに笑うのですよ。

     
    とりあえず嫁さんと娘さんに顔を思い出してもらいなね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA