お前は何様だ

という態度の人間が。

自信のなさの裏返しでもあるんだが、
いろいろ斜に構えて通ぶったこと言うけれど、
ピント外している。

ボケてるんならいいけれどねえ。
突っ込むとうろたえるので、うっかりハードに突っ込めない。

新しい仕事が来そうな気配。
一緒にやるのかな。

お手並みを生温かく拝見いたしましょう。

営業部隊が弱いところで担当をいろいろ突っついてみてるけど・・・。
ダメだね。
専門の営業さんがいないと。

俺も、弱いところではあるので、いろいろ学習中。
にしても、いろいろ封じられているので動けない。

まあ、いろんな意味でお手並み拝見です。
俺に言われるくらいだから相当だ。

腕が鈍ってくる。自分の仕事しよ。

12 comments

  1. シバ says:

    痔論だが、営業に専門性は要らないと思うよ。
    専門能力あるなら制作やって生産力になってね、という。

    営業に大切なのは高い理解力かな?

    いや、奴隷としての適応力か?

  2. あさ says:

    専門性はなくとも、
    原価と労力と釣り合う仕事とってくる能力くらいは・・・。

    「詳しくはわからないけど仕事取れた」って・・・。
    怖いぞ。

  3. シバ says:

    そういうヤツって
    どんな甘い人生歩んでくるとそうなるのか不思議。

    けっこー居るから、さらに不思議。

  4. あさ says:

    下請けやるのに契約口約束。

    自分も結構それやりがちだが、
    ほぼ確実に食い物にされる。

    ってのがわかってるからしっかりしようとすると、
    ・・・蹴られる。

    足元見られてるということだが。
    甘いっつーより・・・・。

    説得する力不足なのか?

  5. まっちゃん says:

    えっ❗
    大企業にあぐらをかいたno無しの社畜ですが、何か?
    まあ、半年は首がつながったので、もう少し寄生です🎵
    まっちゃん的な寄生生活としては、やらないは正しいけど、宿主が早く亡くなるので、加減が難しいんだよね🎵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA