知的にチャレンジされている

人間は皆、障害者。
ってことで。
膨大な情報の中、万人が知的にチャレンジされる状況にある。

そんな中、マウントの取り合いをしているってのはなんだかなである。

人をバカにすることを覚えた知的チャレンジドは滑稽である。が、
すべての人間がそうである。

最近、マウント取りに来られがちであるのだが、
また、マウント取って善を為している風を装うのをよく見るが、
やはり、人間って猿なんだなと、思うわけです。

俺は、はぐれ猿として、薄れゆく意識の中、
延命に励むのかな。

しかし、身近な人間が知的チャレンジドに振り回されて消耗しているの見ると、
なんとかならんものかとは思う。
振り回す側にも、振り回される側にも、なりたくないが、
なるべくしてなってしまうのだよな。

4 comments

  1. まっちゃん says:

    振り回す側になりなさいが小学校の教諭の言葉でした。
    今思うに先生が思うどちらかというと楽な方になりなさいって感じなんだろうね。

    今日は山ちゃんと昔のバイト先に行って女将さんに線香をあげてきました。
    去年暮れに卵巣癌が発覚して闘病中でしたが半年入院してお亡くなりになったようです。
    享年63歳だそうで、土人形の作家が亡くなったと新聞にも結構大きく取り上げていました。
    女将さんは昔メディア関係の仕事をしていたので昔の仲間が記事にしたのかな?

    バイト先の親方はしょぼくれていたので、年末は山ちゃんと遊びに行くかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA