糖尿病生活

インスリンを腹に打つと、皮膚が盛り上がったりするようになってきた。
注射が度重なって、皮膚が固くなってきたらしい。
伸縮性が失われつつある。

今日は、注射の痕が微量だが出血した。今まで無かった。

血糖値を計る時、穿刺するが、リンパが皮膚の下に溜まり、血液が薄まることがちょくちょくおこるようになった。
血糖値センサーが、エラー出すのだが、計り直して正確な値が出ているか分からない。

この先、注意深く針を扱わねば。

食事は野菜の量を意識的に増やし、腹を満たしている。

0キロカロリーのゼリーも買ってきた。

「ノンシュガー、無糖、シュガーレス、シュガーフリー」には騙されないよう気をつけて。
炭水化物が含まれているのを避けている。

オヤツはそういうので、少なく。

お茶やコーヒーなどで過ごす。

血糖値は100台をキープ。

いつまで続けられるか?
攻防は続きます。

8 comments

  1. シバ says:

    皮膚アミロイドーシスやリポジストロフィーって
    なる人は早いって聞くけど、それにしても早くね?

    見えてないのも影響してはるん?

  2. まっちゃん says:

    湿布のような貼りっぱの血糖値を測定するセンサーがあるらしいが、応援するので試してみたら🎵

  3. あさ says:

    もう何が何やらわからんからなあ。
    薬も病気も複合的になってるし。
    医師でも難しいだろ。

    手足が痺れたり、皮が厚くなったりとかも一部見られるし。
    今朝の体重65.9kg
    血糖値105

  4. あさ says:

    はりっぱの血糖値センサ。
    針刺しっぱなしになる上に、1週間ごと交換になるらしい。
    500円玉の分厚いのくらいだが。

  5. まっちゃん says:

    リブレってのは同じ大きさで2週間って書いてあったけど、どうなんだろうね。
    最初の傾向を調べるのに常時測定は興味シンシンです。
    自分が糖尿病になったら血糖値の変化を見てみたいのです。

  6. まっちゃん says:

    おはよー❗
    花粉が本格的に飛びはじめてのどがイガイガです。
    とは言うものの、若いときのように涙、鼻水、くしゃみ、目のかゆみとかは薬を飲まなくてもがまん出来る範囲なので、歳を重ねて良かったと思います。

    よかった探しは大切です🎵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA