UIの話:2値状態の表現について。

ユーザーインターフェースの話。

スマホなんかでON/OFFのアイコンあるでしょ。

あれって、例えば、マイクの入・切のコントロールしたいときどうする?

アイコンのボタンをタップするとき、表示されてるのがどっちが「ONにする」アイコンででどっちが「OFFにする」アイコンだと思う?

A:音声ON

B:音声off

ここで、

1:「AをタップするとONになる」&「BをタップするとOFFになる」

という組み合わせと、

2:「AをタップするとOFFになる」&「BをタップするとONになる」

という組み合わせが考えられるのだな。

1は使う人間が所望する状態を示している、このボタンは何のボタンかというのを示すのが1のパターン。
2は現在の状態を示している、電源がONのときLEDが点灯するっていうのと同じなのが2のパターン。

これにやんやんがハマった。

ラインの通知のON/OFFが1のパターンで、
通知ON
となってて、
そんでもって通知が来なくて、たくさんある設定の中に埋もれてたコイツが、通知ONになっている「状態」を示していると思って、
「どこいじれば音なるのー????」という状態に陥ったのでした。

頭の中が2の考えになっていたんだね。

コレって、作り手の心理読むと分かることなんだけど、
使う側にとっては紛らわしいことこの上ない。

おまえらコレどう思うよ?

5 comments

  1. まっちゃん says:

    物理スイッチでも起こりえるから、誰でもわかるユニバーサルデザインを採用です。

    ラインの通知のON/OFFが正しくそれだったりして。

  2. まっちゃん says:

    おはよー❗
    間違えやすいと言えば、プリウスのセレクターかな?
    どうも慣れないです。

    デザインの問題か、慣れの問題か❓
    どっち❓

    まっちゃん的には、今 慣れの問題と収束しました🎵

  3. あさ says:

    ユニバーサルデザインと言ってみたり、
    慣れと言ってみたり…。

    テメー!どっちやねん!

    通常使用で慣れているから勘違いするわけで、
    ユニバーサルデザインも、慣れが必要だろ?

    シャンプーの容器の凸凹とか、初めて言われたら分からないだろ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA