ザイディス!ザイディス!いや、液剤!!

ここのところ不眠傾向というか生活のリズムが崩れている。寝つきが非常に悪くて夜眠れず、昼寝をしてしまってリズムが際限なく崩れていくというわるいパターンにはまっている。

明日は大学へ行かないとならないので早起き(といっても朝6時起き)しなければならない。今夜は早めに眠りたいのですが、最近眠剤の効きが悪くなりつつあり、さらに薬効が切れると中途半端に目が覚めるという嫌な状態にある。

使用している眠剤はアモバン7.5mgとデパス0.5mg。
以前はどちらか一方を使用すれば眠れたのだけど今は両方飲んでもなかなか寝付けず、数時間ふとんのなかで眠くなるのを待っている始末。夜が明ける前に薬が切れて、活動開始。するとお昼頃に眠気が来るという感じ。で、昼寝で睡眠が足りてしまうから夜さらに眠れないというループ。薬が悪いというより生活の仕方が悪いのだけれど。

 
今日は起きたのがお昼ちょっと前で夕方になった現在、そのまま起きているので明日は何とかなりそうな感じ。

でも、いざというときに一発でリズムを戻せないかと思案してしまう。

で、思いついたのが「アモバン・ザイディス」!!
アモバンの口腔内崩壊錠だ。
短期型の睡眠導入剤をさらに切れ味よく使えないかという発想。
すぐ効くだろうか?ジプレキサの例ではここを見ると錠剤とザイディスでは効果は変わりないらしい。口腔内の粘膜から吸収されるものでもないようで即効性は期待できないみたいだ。

 
だったら「アモバン液剤」!!
リスパダール液剤の例を見てみるとすぐに効きそうだ!
超速で睡眠できる奇跡の眠剤になるであろう!

製薬会社の皆さん!ぜひ「アモバン液剤」の開発を!!
グレープフルーツ味なんてケチな事いわずに「ストレート」でぜひ勝負を!

液体のアモバンを容器から口の中にちゅーっと出して・・・。
 

使用者がどんなことになっても私は知りませんが。

・・・ええ、知りませんとも。

わかる人にはわかる大人の味のお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA