目の前のことをひとつずつ

やるべきことをかたづけていけば、きっとなんとかなる。

そう信じないと。
来週の週末には出かけて講演とシンポジウムを見てくる予定。
苦しんでるのは自分だけじゃない。

週明けには就職活動のスタートとして2ヶ所を訪問。
(正確には地元ハローワークやJOBプラザに行っているのでスタートではない
でも、気持ちはスタートだという心構えで行って来るつもりです。)
市役所障害福祉課と就業・生活支援センター。
直接の就職先ではないけれど、間接的に支援していただく予定。

自分の知らないことや気づかないことがいっぱいあるはず。
教科書には載っていないことを知ろう。

それから自分を等身大にとらえよう。自分の障害も認めよう。

人並みが無理でも、それを受け入れることが必要だ。
身の丈にあった暮らしを作っていこう。

幸せはきっとついてくる。
ひとつひとつ。少しずつ。焦らずに。

そう思いながら前へ。さえぎるものを確認しながら。
それを確実に捉えていくのが「当事者PSW」の強みになるはずだ。

血を出しながら、自分のものにしていこう。

2 comments

  1. davis1981 says:

    あささんの自分に向けたメッセージが、
    まるで直接僕に語りかけているようにびしびし響きます。
    勇気を頂きました。ありがとうございます。
    ではでは。

  2. あさ says:

    >davis1981 さん

    言葉では簡単。現実にするためにはかなりつらいです。
    自己像をもっとしっかり持たないといけないと思うのですが、
    自分が何者なのかがよくわからない。

    痛い目にあうことで少しずつ目が覚めていくのかなと思います。

    正直、これからやっていけるのか不安です。
    でも、たぶん、みんなそれは同じなんだろうなと思います。
    そこから耐えながら一歩出られるかどうかなのかなあと思います。

    私はその一歩が踏み出せないでいるのですが。
    もう一歩。あと一歩足りないんです。たぶん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA