明日こそは

明日はボランティアに行かなくちゃ。

みんなに心配をかけてしまっています。

でも、自分が難しい立場に立っているのも事実で、
それに伴って心の奥底でなにかが引っかかっているのも事実。(いや、妄想か?)

何か打ち破らないといけない。
もしくは迂回路を見つけなくてはいけない。

それができないのが自分の弱さであり、障害の一部であり、課題でもあります。

その場にいるだけでも意味のあることだと自分に言い聞かせて、
明日は針のむしろに座ってきたいです。

ああ、なんでこんなに苦しいのだろう?
原因を見つける必要があるのだけれど、「当事者研究」ってこういう過程を形にしたものなのかな?

もっと自分がおおらかになれたなら良いのだけれど。

20 comments

  1. m.takeda says:

    なんだか色々くっつけて考えていらっしゃるようですが、
    単に自尊心が許さないのではないのでしょうか?
    色々な分野において能力の高い方ですので。

  2. m.takeda says:

    悩みの無い人生は無いとは言うものの、
    そんなに嫌なことは無理にしないで、
    あささんらしい生き方ができるといいですね?
    (以前にも同様なコメントしたような気が・・・)

  3. ブルーバード says:

    こんばんは。

    たびたびコメントさせていただきます。

    資格とかと違って、すぐに結果がでないので、少々焦っているのかなと思いました。

    案外なんにも考えないで、気楽に続けていけば良いのではないでしょうか。その先の結果がどうあれ、その結果もまた受け入れて。

    たぶん、我々は結構恵まれていない環境にいるのは確かなので、悪い結果になったとしても、すんなり受け入れることができると思いますし、それが強みでもあると思います。

    私は、失敗やみじめな思いをすることは慣れていますので、恐れていません。ゆえに思いきった行動ができる時もあります。

    開き直って、結果がどうあれ、やりたいことをやれば良いと思います。一度きりの人生ですし。

  4. あさ says:

    >m.takeda さん

    >あささんらしい生き方ができるといいですね?

    「らしい」生き方って幻想ではないのでしょうか?

    あきらめることが「らしい」ことなのでしょうか?

    ・・・といっても、無理をしてるのは確かだから、スタンスを少し考えないといけないかも知れないとは思います。

  5. あさ says:

    >ブルーバード さん

    >資格とかと違って、すぐに結果がでないので、少々焦っているのかなと思いました。

    おまんまを食べていけるようにするために焦っているわけで。
    生活保護があると言われればそれまでですが。

    >開き直って、結果がどうあれ、やりたいことをやれば良いと思います。

    それでここ10年くらいじたばたしているわけで・・・。

    やりたいことを続けるというのはかなり難しいことが分かったり。

    とりあえず、休み休み続けることが精一杯なのかな・・・。

    いろいろ矛盾をはらんで暮らしているわけで・・・。欲もあるし・・・。

  6. says:

    ☆あささん こばんは☆
    なんだか~ 難く(かたく)なっちゃてますよ~
    もう少し 肩の力抜いてくださいねっ!

  7. あさ says:

    >光 さん

    こばんは☆

    ふんばりどころでふんばれない自分が悔しくて・・・。

    肩の力はここで入れなきゃいつ入れるんだ・・・くらいの心境です。

    大げさなんですけどね。

  8. says:

    こんばんは。仕事の現場で昔、ばっくれたことがありました。その後、タイヘンでした。いまでも浮かんでくるときがあります。その日は調子が悪くて、それでも仕事はあるので、それから現場で捻挫してしまいました。でもそのことを言うことがなぜかできなくて、午後に勝手に帰宅してしまいました。帰ってしまったときより、その後が大変だったな。今は仕事はしていません。ボチボチならしていこうという感じです。

  9. m.takeda says:

    >「らしい」生き方って幻想ではないのでしょうか?

    >あきらめることが「らしい」ことなのでしょうか?

    いえ、そういうネガティブな側面から申し上げたつもりはなく、今の状況があまりにもつらそうなんで、あささんの好きなこと、継続してできることをしながら生きていければ良いのではないかと思ったのです。

  10. あさ says:

    >楓 さん

    こんばんは。

    大変な経験をなさったのですね。

    仕事は大変だけれど、逃げるともっと大変になる。

    そんななかで私たちは追い込まれていく。

    就労第一の国の政策は私たちをどこへ行かせようとしているのか・・・?

    無理をして仕事をするべきか、無理をせずに貧困にあえぐか。

    ・・・無理をした上で貧困にあえぐというのが現実なのか・・・?

    ボチボチやるしかないですね。

  11. あさ says:

    >m.takeda さん

    >あささんの好きなこと、継続してできることをしながら生きていければ良いのでは

    私も一時期そう思って、自分で何か事業を立ち上げようとしていた時期があったりします。でも、それは大変に難しく、なにより先立つものがない。

    できることはいっぱいあるはずなのだけれど、調子が悪くなることで信用を失うわけで、やりたいことを続けるというのはそれはそれで困難なのです。継続は非常に難しい。

    そのへん、私のプロフィールに付け足しといたほうがいいかもしれません。いろいろやってはみたんです・・・。

  12. m.takeda says:

    >継続は非常に難しい。

    と言われると反応するのが非常に難しい(笑)。

    誰も言わないけれど、自分は就労の見込みは無いと思っています。なぜなら、企業は精神障害者が嫌いなんだもん。違約金を支払ってでも、雇用率を満たすために、精神障害者だけは採りたくないんでしょうね。

    行きたくもないデイケアに行ってお茶を濁さないと世間が許さないので行こうと思っていますが。

  13. m.takeda says:

    正確に言うと、

    ×違約金を支払ってでも、雇用率を満たすために→○雇用率を満たせなくても、違約金を支払ってでも

  14. m.takeda says:

    う~ん、ちょっと違う

    ×雇用率を満たせなくても、違約金を支払ってでも→○雇用率を満たせなくて、違約金を支払ってでも

  15. m.takeda says:

    >「金を払ってでも厄介者は受け入れたくない」

    そうらしいです。雇用者サイドは。
    いつかガチで障害者と雇用主が本音トークをする機会があればいいのにね。

    この時間にコメント入れたってことは、ひょっとして今日も・・・?

  16. あさ says:

    >m.takeda さん

    >この時間にコメント入れたってことは、ひょっとして今日も・・・?

    そのとおりです。

    この調子の悪さの要因の一つに気付きつつあるのですが、
    敵を作りかねないので、自重してます。

    解消できるかどうかわからないのですが・・・。

  17. m.takeda says:

    >この調子の悪さの要因の一つに気付きつつあるのですが、
    敵を作りかねないので、自重してます。

    なんだか分かりませんが、それは誰かにメールなどで、「こういうことで困っているんだけど」と伝えることによって解消できそうな問題なのですか?

    言い方もあると思いますが、調子の悪さの要因が一つでも減った方がいいのでは?

  18. あさ says:

    >m.takeda さん

    ロジックで片付くのではないものではないのではないかと考えてます。

    生活態度の問題でもあります。

    E・フロムでも読んでおいた方がいいかな・・・と思ってます。
    「自由からの逃走」すらまだ読んでないんで。

    人間ってさ、「不可制御」で「不可観測」なものなんだと思うわけですよ。

    ああ、苦手だった制御理論。しっかり勉強しとくんだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA