まったく相手に非がない状況で謝ること

謝って、許されなくても仕方がない。
でも、自分のコントロールを失っていた状況でもあった。
とはいえ、甘えてちゃいけない。信用は完全に失っている。

そこから回復するのがリカバリーであるのだろうか。

今日も電話が入れられなかった。

パキシルが効くのを願うばかりだ・・・。

3 comments

  1. says:

    こんばんは。お節介ながら一言。
    これは、自分が雇用側だから思うことですが。

    相手先への連絡は早目にした方が良いと思いますよ。
    自分の信用がどうこう、とかお詫びの仕方を考えてぐるぐるしているうちに連絡を取った方が。後になるほど首が絞まりますよ。
    そもそも休んでいるのも無断なのでしょう?

    薬が効くまで連絡をしないのは随分悠長だと思います。
    それは、病気だから、具合が悪いからと言って許容されるものなのでしょうか。

    あささんが始めた活動は、医療デイケアのように行きたい時に行く、調子が悪い時は行かない、というものでは無いと思いますが。その辺自分の認識が違うんでしょうかね・・・。

    精神障害者が雇用され難い一番の理由は来ると言った日に来ない事です。そういう約束が守れるかどうか、連絡を入れられるかどうか、という部分ががひとつの雇用出来るラインとしてあると思います。

  2. あさ says:

    とりあえず電話で面談のアポイントを取るべく連絡しました。
    PSWをあきらめてほかの道で就職することも考えての話にすることにしました。

    うつ状態で重要な決断をすることは避けた方がいいということもありますが、事実、PSWとしてやっていくのは難しいと思いますので、白紙の状態からの話になります。

    来週あたりにあちらの都合のいい時間で面談を設定してもらうことになりました。

    >雨 さん

    後押しありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA