たったひとつではない冴えたやり方

うちのノートパソコンが突然ふっと電源が落ちる現象に見舞われていましたが、
簡単な処置で現象が起こらなくなることがわかりました。

結局は温度上昇による熱暴走もしくは安全装置が働いたものと思われます。
ノートパソコン用のクーラーを買えば良いわけなのですが、
もっと簡単にある程度の改善ができました。

使ったものは、シャープペンシルの芯の容器4つ。
ゴミを捨てられない私の道具箱から取り出してきました。

ノートパソコンの四隅に台として芯ケースを設置。
机とパソコンの間に隙間を開けてやったわけです。

これだけで今日は電源が落ちませんでした。
机に対する熱伝導より空気を介した熱伝達の方が冷却には効果的だということですね。

ちびパソコンの方はファンレス設計です。
いまのところ軽快に動いています。

2台でせっせと開発作業です。
大ノートは画面解像度1920×1200という変態なノート。
これを基準にホームページつくると、ちとまずいかと。

ちびは1024×600。ちょい狭いけど、これに合わせてやれば確かでしょう。
20年前はPC98で640×400でなんでもやってたんですからすごい時代になったもんです。

もう一面ディスプレイがあるとドキュメント見ながらコーディングするのが楽だけど、
きりがないので現状の装備でがんばろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA