キムチをつまみに水を飲む

私はお酒が飲めません。薬のことがあるので。

で、夜おなかがすいたのですが、最近メタボの気配が下腹部からしているので、太りそうにないものを食べようと思いました。

で、冷蔵庫よりキムチを出して来てちびちびと。
辛いんで水を飲みつつ。

・・・何やってるんだか。

で、シメにジャージーミルクプリンを。
・・・だめじゃん。おなかがやばいじゃん。

低カロリーなものを用意しとかなくちゃ。
キャベツやレタスを買っておいて、あっさり系のドレッシングでもかけて・・・。サラダ油含んでてもいいのかな?

キムチは結構いい感じだけど、辛すぎて反動がくる。
白菜の浅漬けを自分で作ってみたら良いかな。キュウリも一緒に。

カロリー的にどうなんだろ?

とにもかくにも寝る前に食べるのはいけませんね。
でも、おなかがすいてると眠れないし。

低カロリーの夜食のレシピを探してみましょうかね・・・。

13 comments

  1. シバ says:

    キャベツだね。
    葉酸をようさんとらんと。

    ちなみにオイラの平日は
    必ず一食、野菜のみ味付け無し。

    夜食はアスパラとかニンジンに軽く水掛けて
    http://item.rakuten.co.jp/livingplaza/10001349/
    こーゆーのに入れてレンジする。
    ビスフェノールAとかあんま摂らないようにと思いつつ・・・

    あと、そこそこ家に居るなら、付け合わせにパンチェッタとかどぉ?
    http://www.kazua.com/pancetta/pancetta2/
    安いし、楽しいし、一般のハム類より安全だし。

  2. あさ says:

    >シバ さん

    あ、こんな感じのタッパー持ってますよ。レンジ用のやつ。

    パンチェッタかぁ。おいしそう。
    肉の安売りに目を光らせときます。

    肉って、やっぱり高いです。
    かといって、肉抜きの食卓もさみしいし。

    やっぱキャベツか。うむ。

  3. あさ says:

    >シバ さん

    レタスはたまに激苦い窒素肥料やりすぎだろってのがあるのが萌え。

    苦くてもなんか得した気分に。

    キャベツも漬け物にするのにチャレンジしてみようかな。

  4. nvsnva says:
  5. nvsnva says:

    冷凍庫がだめだと、この本は価値が半減しそう。

    やはり、食事まわりの環境をなんとかしたほうがいいですよ。

    この本では、冷凍室の大きなタイプを推奨しています。私自身もそこまでの環境をそろえられないですよ。

    昔はなかったですよね。120リットル程度の容量で、冷凍室のほうが大きいくらいの冷蔵庫。

  6. あさ says:

    >nvsnva さん

    >やはり、食事まわりの環境をなんとかしたほうがいいですよ。

    それができれば一年前にやってたんでしょうが・・・。
    いろいろ事情もあって、いかんともしがたいものが。

    引っ越せば解決するけれど、そうもいかないし。
    我慢のしどころですね。

    一工夫しなくちゃ行けないでしょうか。
    数十年前には冷凍庫のない生活が普通だったんですから。

    おばあちゃんの知恵が必要だ!

  7. nvsnva says:

    おばあちゃんの知恵・・・うーん。

    今の世の中、お客が冷凍冷蔵庫を持っていたり、自動車を使っていたりすることを前提として、流通システムが作られている部分がありますからね。地域によって差もあるでしょうけど。

    こちらの地元のポスフールやダイエーでは、店舗にいくために無料で使えるバスを運行しています。大阪などには超安売りスーパーがあるそうですが、そんなところを冷蔵庫がわりに使うことくらいならできるのかな?冷凍庫は難しいかも。

    おばあちゃんの知恵は数十年前の環境に適応するためのものですから、今はどこまで役に立つか、わからないです。

    冷凍庫のない生活が普通の時代って、非定型薬が流通する前の時代になりそう。そんな環境では、私は病院から出て暮らすことすらできないかもしれない。

  8. あさ says:

    >nvsnva さん

    >冷凍庫のない生活が普通の時代って、非定型薬が流通する前の時代になりそう。そんな環境では、私は病院から出て暮らすことすらできないかもしれない。

    それは問題のはき違え。
    すべてを数十年前に戻す必要はなし。

    たとえば、刺身を買って来たら、食べ残しを醤油で漬けとくとかそのレベルの単純な知恵がいっぱいあるわけですよ。大根を安いときに買っておいて切り干し大根を作るとか。サツマイモも干し芋にするとか。梅干しやら味噌やらぬか漬けやら・・・手間はかかるのだけれど。

    今では買ってくるものの中には自分で作ることができるものもあるわけで。
    その辺、継承をしておかないといけないんじゃないかって思ったり。

    時代に逆らうことになるけれど。
    コスト的に見合わないところはあるけれど。

    っつうか、こういうノウハウって今後、「売り物」になるかも。
    売る気はないけれど・・・。

  9. nvsnva says:

    >今では買ってくるものの中には自分で作ることができるものもあるわけで。
    >その辺、継承をしておかないといけないんじゃないかって思ったり。

    継承されるべきノウハウは、それなりに広い範囲で、継承されていると思う。生活の知恵ではなく、一種の趣味的知識・技能として。

    こんな話もありますよ。

    http://portal.nifty.com/2010/04/21/d/

    >それは問題のはき違え。
    >すべてを数十年前に戻す必要はなし。

    非定型薬が存在するだけならまだしも、私でも使わせてもらえるだけのコストで生産・流通される社会をどうやって維持するのかと言われたら、そう簡単に問題のはき違えとは言えないような気がしますが・・・どうでしょうか?

  10. nvsnva says:

    あ、そうそう。ベッド下の高さが100センチ以下のハイベッドの下に収まる冷凍庫を売ってましたよ。今日、ホームセンターで見てきました。

    これでどうですか?

  11. あさ says:

    >nvsnva さん

    >非定型薬が存在するだけならまだしも、私でも使わせてもらえるだけのコストで生産・流通される社会をどうやって維持するのかと言われたら、そう簡単に問題のはき違えとは言えないような気がしますが・・・どうでしょうか?

    歴史にifは・・・ってところに話は行ってしまいます。
    旧石器時代以前からの進歩も考えたりすると、人類が生きて行く様式はすさまじく変わり続けているわけですが、それなりに人々は暮らしているわけです。不便や便利というのは相対的なもので、「新技術の登場で不便が作られる」とも言うことができると思います。

    非定型薬でも寛解できない方はたくさんいるわけですし。
    副作用もけっこうありますし。
    不便だけど飲んでるという人は多いと思いますよ。

    薬物治療の影には製薬会社の思惑がちらちらと・・・。
    薬の宣伝と精神科にかかる人の増え方って関係があるとかないとか。

    >あ、そうそう。ベッド下の高さが100センチ以下のハイベッドの下に収まる冷凍庫を売ってましたよ。今日、ホームセンターで見てきました。

    ロフトベッドの導入は先送りです。
    もう部屋の中はあまり動かさないで、
    次回の引っ越しがあれば検討したいと思います。

    備品購入はそれなりの収益があって可能なものであり、
    現在、収益をあげるための仕込み中です。
    各種団体とのコンタクトやら、宿題の片付けやら、新規企画の検討やら。

    優先順位の高いタスクがあるんで、生活態様は現状で安定化の方向に向かうのかもしれません。意識はしていないのだけれど。

    いっぺんにいくつものことってやりづらいのに、
    今抱えてる案件がなかなか片付かないので、
    一段落するまで不安定要素の排除を意識してます。

    意識してるのかしてないのかどっちやねん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA