タイガーマスク?伊達直人?

知らない人につきまとわれたら逃げろとか大声出せとか防犯ブザー鳴らせとかそんな時代に匿名の善意がもてはやされてる。

恣意的な寄付が有効に使われるかどうか、本当に必要な人の所に行き渡っているかどうかわからないのに。

・・・って言う弊害をなくすために「赤い羽共同募金」なんかがあるわけで。
自分の金をどうしようと勝手ではありますが、富の偏った再分配にならないようそれなりのシステムがあるのに頭越しに寄付して大丈夫なのかな?

わかりやすいかもしれない。本人は満足するかもしれない。
でも、それじゃいけないと思う。偽善だとかそんなんじゃなくて。

この国の福祉の仕組みってのが知られていないのだろうな。

本当の弱者ってのは、衆人からは見えない所にいるはずだと思う。
無視ってのがいちばんきついわけで。
一過性のブームなんだろうけれど、歯がゆい思いです。

共同募金も世間に周知させる努力がちょっとばかり足りないのかな?
いまどきの町内会の回覧板で周知させようとかしているのはピンボケだし。

今回のタイガーマスク。
最初にやったやつはアイデア賞でみんなを楽しませた功績があるけれど、
追随した多くの人間は少しナイーブな気がします。

寄付が悪いとは言わないよ。でも、ちょっとやり方が問題ありだと思うのです。

なんかね。なんだかね。私も含めてなんなんだかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA