治療方針

明日、病院で治療方針を決めてきます。

腎癌の肺転移の場合、選択肢は

1.ラジオ波焼灼
2.インターフェロン
3.分子標的薬

と大きく分けられます。

まだ病巣で確認できたものは2カ所。5mm強。
それでも何百万個ずつかのがん細胞があるわけです。

焼くと、2cm位の範囲を一掃できますが、もぐらたたきに。
インターフェロンはインフルエンザのような副作用が出て、
確実に効くとは限らない。
分子標的薬は若干効きは良いらしいけれど、一生飲まないとリバウンドする。

どれも経済的には限度額に到達する勢いです。

悩む悩む。

先生の意見をよく聞いて決定したいと思います。

でもね、統合失調症経験してると病に対しての耐性が若干あるっぽくて、
妙に頭の一部分が冷静でいたりします。

で、その後でホームページ作成の打ち合わせに出かけます。
そっちのほうが冷静でいられなかったりして。

データ早くくださいよ〜!入院に間に合わないですよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA