知的障がいの支援施設にとんでもない所がある様だ

某氏がみてきたところ、職員を人間扱いしないというところがあるらしい。

支援者の中に格差が存在している様だ。

食事の席で、一部支援者は同席しながら、豪華なご馳走を前に、
コンビニおにぎりで我慢するという状況。

どういう事情か知らないが、かなり酷い状況だった様だ。
福祉の世界では不思議なことが起きる。

同列に扱うのがいいのか、悪いのか。
場合によるが、今回は雰囲気ぶち壊す状況を作り出していた模様。

主催者はどういう考えのもと、催しを執り行っていたのか、
詳細は書けないが、観察する必要がありそうだと思った。

身体のケースのヘルパーでも、似たようなのみたことがある。

偉そうな一方。どっちとは言わないが。
人間は道具にされることがあるのだ。

それが仕事だといえばそれまでなのか?
そういうものなのか?

少し勉強してみるかな。

命が続いたら。

2 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA