準公文書の散逸

20年くらい前の某団体の公式文書探してるんだが、
広く使われていた割に、国会図書館にも公文書館にもない。
古書店にも存在しないようだ。
横断検索も試したがヒットしない。

意図的に消されたという気がする。
歴史的に意味がある文書ではあるような気もするが、跡形もない。

windows98とかMeの時代。

かろうじてネットに痕跡はあるのだが、地理的に別地域のものなので使えない。

米の公文書館あたってみようかとも思ったが、検索語句が日本語ではどうもうまくない。

2000年以前のwebアーカイヴって残っているのかな?

どうしても必要ではないのではあるが、
歴史の闇に葬るには問題ありそうな文書。

うーむ。

8 comments

  1. シバ says:

    徳井さんが不徳井だった件ですね。

    中小企業不要論とか飛んでますな。
    その点、今のところは誇れるから良い。

  2. あさ says:

    吹けば飛ぶヤツ?

    仕事先のシャッチョ、プライドがどうこういうんだが、

    ナワバリの取りあいみたいなことばかり
    してるのに。

    目標がようわからん

  3. シバ says:

    マツに言わせると全部「マウンティング」で済まされそうだな。

    吹けば飛ぶ、とか桶屋の話しではなく
    「中小企業=所得税節税のシステム=脱税の温床」って理論が始点だね。
    その意見に同意できることも多々あるから困る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA