ついにやってしまいました

なにをやったって、日誌を一日分先送りしただけなんですけどね。

13日は家に帰って、メールチェックしてごはん食べたらそのままダウン。
よって日誌書くのをさぼって風呂にも入らず、睡眠。
14日の朝は平衡感覚を失うくらいのふらつき具合。
右に左にと壁にはりあたりながら出勤でした。
無事に着いたのが信じられない。

たまたま指導担当者が不在で日誌を提出しなくてもごまかせました。
14日は実習時間が関連施設訪問で延長されて帰宅が20時頃。
かろうじてシャワー浴びてごはん食べてダウン。

睡眠不足が体調をかなり悪化させてたみたいです。
いや、ほんとホームに転げ落ちなくて良かった。

二日分の日誌を溜め込んだ状態で15日は仕事。
俺がいなくても大丈夫じゃないか…って感じでした。
死にそうな気分で出てったら雑用やっておわり。
休めばよかった。

今の職場で働くことが自分に利益があるのか考えてしまいます。
わかったうえで障害者を雇用してくれて気遣ってくれるのは分かるんだけど、
人の使い方が下手で働いててうんざりしてきます。

ありがたいと思って辛抱すべきなのかなあ。
「すこしつらいことがあるとすぐやめてしまう根性なし」
って評価は嫌だけど、つぶされてからじゃ遅いし。

現在の給料132,400円/月でどのくらいまで我慢するのが適当なのだろうか?
ボランティアさんがいれば自分がいなくたって平気なんだから、
給料もらって働いてる方が悪い気がします。お金じゃなくてやりがいだっ…て世界。
贅沢言ってるかなあ?やりがい感じないならやめるのは正解なのかなあ?

今から、二日分の日誌に取り掛かります。
この二日はかなり戦闘してきたのでがんばって書きます。
実習生だからできないことやもどかしいことがたくさんあって批判したいこともあるけど残りの実習に悪影響を及ぼさないように気をつけながら…。

患者の利益になると判断すれば、正確な情報を伝えなくても良いと思ってる職員がいる。ある面正しいのだけど、患者さんと話しを深めていく過程ですごくストレスのかかる実習になってます。

そのあたりで職員とやりあっていられるレベルの患者が閉鎖病棟にいる。
医療保護入院ってそういうものなのかな?
困った人はたしかに周りを困らせるし本人の不利益になることもするけど、
病院にいるべきなのか?病気ってなんだろうか?

なんかちがった道がありそうな気がする。

薬の副作用に鈍感な医師もいる気配がしてるし。
確認するだけの能力が無いのが情けないです。

2 comments

  1. 相当お疲れのご様子…
    ホームから転落しないように気をつけてくださいね!
    まだ実習は長いのですね。
    やはり「当事者だからこそ」気づくことってたくさんあるのではないかな、
    と思います。
    私が入院した病院は良心的でした。
    居心地よくて困っちゃうくらい(笑

    やはり、仕事には「やりがい」を感じないと…私は耐えられない。
    今の職場で必死に「やりがい」を見つけようと努力している今日このごろ。

  2. あさ says:

    ありがとうございます。

    18日はデイケアに行って来たんですが、早速トラブル。
    自己開示関係なんで自業自得ではあるのだけど…。

    なんとかしなくちゃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA