さて、これからどうするか。

さて、ブログ村の順位が2位に落ち、ディープな方向に舵を切ろうかと思っています。ええ、あのぶどうはすっぱいですとも。

さて、居住地確保と、職場確保、医療機関確保、の3つが大きく私の現在の問題となっております。昨日まで、大阪へ偵察に行っていたわけですが、どうも戦況は不利であることはお伝えしたとおりです。で、今後どうするか。

現地での相談支援事業所を利用することがひとつ。餅は餅屋です。なにか手段を持っていることでしょう。ただ問題は私が現地の住民ではないことです。利用が可能かどうかのリサーチをかけねばなりません。これは電話一本で済むか。
万が一、住民以外はダメだといわれた場合どうするか。理屈から行けば自分の今住んでいる現在地の市の相談支援事業所に行ってみることが考えられます。そこから間接的に紹介という形で話をつないでもらうことが期待するところです。ただ、その事業所とは前職場である程度つきあいがあったこともあり、ちょっとあらたまって依頼するのに抵抗感があるのがネック。まあ、これは割り切って行くしかない。

別の線で考えて、通院している病院のワーカーさんに間に入ってもらうこともひとつ。医師の意見書、診断書、紹介状などいろいろ必要になってくるので、話が早いと思われる。それに、今までメインに相談に乗っていただいていたのはこのワーカーさんだったので、話が込み入ってきた場合説明が出来る人はこの方くらいだけだ。しかし、忙しい方なので動いてもらえる可能性は低い。

あと、ハローワークの窓口を利用すること。これは遠隔地に通用するか分からないが、一応全国規模の組織を持っているから、職業紹介のみならば利用が可能かと思われる。実際に使えるかは試してみないと分からない。生活を安定させるのが先か職を探すのが先かという問題だけれど、大阪の機関への仲介で話が早くなるくらいのことはあるのではないかと期待する。ただ、私の知る某ハローワークの担当者はいまひとつ信用できない。というか頼れそうに無い。というか、精神障害者の就労になんか積極的でないものを感じている。
就職する職種であるけれど、これは選べないと考えた方がいいだろうか。
ピアPSWというのはいかがなものか。PSW取得の動機がすでに消えているのでこだわることは無いのだが、もったいないと思うのと、何かが出来るのではないかという思いがある。漠然としたものなので、職場を考えるのに具体化できるか分からない。あと、合格発表がまだ先だ。当事者はおことわりとハッキリ言うところもあるので様子を確かめて仕掛けないと。クローズドでいく手もあるけど、遅かれ早かればれるよな。

医療機関は現地の保健所に相談か。その後、現在かかっている病院の紹介状を持っていけばなんとかなるだろう。ただ、保健所をどこまで信頼できるか。素直に「良い」医療機関を紹介してもらえるのかという不安が残る。あと、紹介されても受けてもらえるかは分からない。

ううむ、頭が整理されてこない。

大阪における不動産物件の情報も、低額なものを中心にまだまだ集めないと。
職業も障害者雇用で月12~15万の給料を望むのは厳しいかも。
(なんたって福祉施設の職員の給与ですらそのくらいだから)
だとすると、住めるところは選べない。3万~5万の物件が相応か?

移動手段も原付もしくは自転車になるのだろうか。
と、すると、駅へのアクセスが楽なところか、仕事場に近いところ。
駅に近いところは家賃は高いから、仕事を先に決めるべきか。

静岡にいるうちに大阪での仕事を定めておいて、そこを起点に攻めるのがいいのか?
でも、それはJOBプラザに人に反対されている。

そんなことを考えて夕べは一晩。体調管理が出来ていない。
さっき目が覚めたところ。ダメだこりゃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA