さらにかんがえる。

ツリー構造で再現できるのは、コードの体系であって、
ユーザーがそれを探し当てるための誘導には
ひと工夫しないといけないことに気がつきました。

ある程度分かってる人や、めんどくさいことが平気な人は大丈夫だけれど、
現在の想定ユーザー(というか、こないだ突撃したところでのアドバイス)
からするとコードのツリーとは別に、「考えてること→コード」の誘導が必要です。

とすると、コードを固定して誘導しないと統計が役に立たないのかな?
新しいコードをユーザが追加したときに、そこへの誘導を張る条件をどう決めようか?

面白くなってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA