自分に生きる価値がないと思ったら死ぬべきか。

考えても仕方ない、詮無いことを考えるぞ。

生きる価値がないかあるか。
本人の望まぬ延命は是か非か。

価値ってなんなんだ?

>延命治療拒否で、説得してとお医者さんからヘルプです。
>父と定年後の保健制度のあり方を話す
>死を覚悟した人としては、仕事をリタイアした人に延命治療はあり得ないって感じらしい、
>反面 貧乏人は死んでもしょんないって事を言ってるけどね🎵
>まあ、戦争を知っている人からすれば、甘々なんだろうか?

まずここで、死とは何かを理解しているか?というのが一点。
死とは何か、他人の死を見てきたものは想像はできるが、
他者の死と自分の死は決定的に違う。
死を覚悟するということはどういうことなのか?

仕事をリタイアした人は死ぬべきか?
仕事だけが人生なのだろうか?
生産至上主義に陥ってはいまいか。
働かざるもの食うべからず・・・?
なんで?

定年後の保健制度・・・お役人は机の上でモノを考えている。
一方、現場は矛盾と波乱に満ちている。制度なんかで収まるものではない。
落とし所を探るのはできても、最適解などはないのが真実だろう。
貧乏人は死んでもしょんない→カネは尺度の一つでしかない。
生きることができるなら生きる。死ぬときは死ぬのではあるが・・・。

この世界で、
自分には生きる価値があると思っている人間は傲慢だと思う。
生きる価値というものが何なのか、自分に都合よく決めているのであろう。
逆も然りで自分に生きる価値がないと思うのも傲慢だ。
死を辞さないのは「他人のため」という欺瞞的な思考がなくはないか?

生きる気がなくても生きている人間は大勢いる。
普段は生死なんて考えないのが普通なのだが、
意識にのぼらずとも生きようとするのが生物なのではないかと思う。
それで苦しむわけで、

人間、自分が希望して生きているわけではない。
生きているから生きている。
トートロジーみたいだが、生死は自分の自由になるものではないのだ。

俺は統合失調症の経験から、
この世界は一切信用ならないもので構成されているという認識を持ち、
それでも、自分の「存在」のみは確実なものだということを知り、
流れに抗ったり、流されたり、いろいろ一貫性なく生きている。

矛盾に満ちた人生であり、俺の人格は矛盾に満ち、都合よくその場しのぎで生きている。

でも、思うに任せられない状態で生きているのが人間であると思う。

自己決定とか、当事者の意思を尊重して・・・などというが、
自己とはなんだ?
意思ってなんだ?

結局はその場しのぎにうつろいゆく、不確かなものに過ぎない。

統合失調症に加えて、俺は脳をいじられている。
死を覚悟して脳みそをほじくり返され、
流されるまま、自己の意思の確実性に疑いを持って生きている。

自分の価値を自分で判断できるものなのか?
また、周りの意見で判断するものでもない。

なるようにしかならない。

ならば、あえて生きるのを放棄するのも、生きるのに固執するのもアリだろう。

そこまで行って
「死ぬる時節には死ぬがよく候」
が出てくるのか。

しかしこれは自分で自分の死に対して言う言葉ではない。
他人にかける言葉でしかない。

自分で自分の死期は決められないのだ。当然。

自死を選ぶ人間の気持ちもわかるのではある。
しかし、考えれば考えるほど苦し紛れの方策に思える。
舵を切る方向が分からないはずなのに舵を切っていると感じるからだ。
生き続ける方向に舵を切るのも、わからないまま舵を切ってはいるのではあるが・・・。
死ぬのも生きるのもチキンなのである。

というわけで、今年は酉年です。
フライドチキンなどにされるためや鳥インフルで何十万羽単位で処分される鳥に思いを馳せ、

醜態を晒しつつ、生きていく所存なのだが、

他人については、勝手にしやがれである。
今まで散々生きてきといて、「潔く死ぬ」なんて言えないのである。
厳しいけれど、俺は統合失調症持ちのステージ4のがん患者として往生際など考えている余裕はない。

生きているから生きている。・・・らしい・・・。としか言えん。
不可観測、不可制御。
どうしようもないことを問われても、どうしようもないねえと応えるしかないのだ。

当然、これだけ書いたこの文章、価値などあるかないか知ったこっちゃない。

あー、長い。うざい。

・・・つーことでまっちゃんは事態をよく観測して所見をこっそり教えるように。
私信でした。
うっかり読んでしまった赤の他人は残念でした。
脳みそかき回された気分をお楽しみいただければ幸いdeath。

14 comments

  1. まっちゃん says:

    おはよー☀
    さあ!今日がお見舞いラストかな?
    この後弟と市民病院へ行って、心配事はあなたの頭の中にあるだけです、心配していつでも黄泉路にいってらーと、話をしてきます。
    まあ、急変は無さげですけど、急変は急変なので安心は死ぬまで無いかなと思います。まっちゃんの交通事故死と同じだね🎵
    後は残った人の問題なので、上手く行かないと思うけど、なるように成りますって感じかな。
    あさと親では年齢が違うからまっちゃんの対応が違うけど、差別ではなくて、区別なんだろうか?けど区別って方が感情の入りかたが少ない感じがして、冷たく感じるね。
    うちの親の人生は、まっちゃんが主観的に見て他の親と比較して幸せな人生だと思います❤

  2. あさ says:

    おはよー。

    うちもいつ訃報くるかわからんので切迫しているかどうかの差はあれど
    同じ覚悟しないといかんのだがね。

    ところで、幸せってなんだろう?
    なにをもって幸せとするのだろう?
    謎だ。

  3. まっちゃん says:

    幸せってなに?っ言われたら、その質問が出来る事が幸せかな🎵って答えるけども考える事が出来る幸せ❗不幸と思える幸せ❗人の数だけ幸せがあるけど、人の不幸は蜜の味と言いますから、親が死にそうなまっちゃんは幸せ❗って感じかな🎵
    杜子春あたりに聞いてみたいね🎵

  4. シバ says:

    マツの何にイラっとしたか、もっと簡潔に。
    もっとディすってこ。

    補足するとマツが「人の(親の)意見(意志)を聞く(尊重)」と
    自ら公言する場合「俺は違う選択をして欲しい(したい)」と
    読み解くべきだよ。

    とはいえ、
    今回マツが言いたいのは「生産性の無いヤツは死を選べ」ということなので
    ボクは死を選ぶべきなのだろうけれど、
    自分には生きる価値があると思っている傲慢な人間なので・・・

    オマエラいい加減にしろよ。

  5. あさ says:

    まあ、あれだけこだわるんだから何かあるとは思うけどね。
    自分に言い聞かせているのか?

    マツが病状ぼやかしてるから、背中を押して奈落に落とすこともできん。
    バイパス手術勧められてると推測するのだが・・・。

    ところで生きる価値なんて明示できるものじゃないよね?

    ああ、漫才にもならん。

  6. シバ says:

    想像の範囲だが、冠動脈バイパスの再手術を勧められているのだろう。

    自己血管によるバイパスはおおよそ8〜15年程度が詰まらない限界だと思う。
    元々が詰まりやすい体質とニトロなど薬物の併用で負荷も強めだしね。

    文献見た来たけど合併症含め8〜10%の死亡確率と、
    再手術にはある程度のリスクはある。

    が、自分の親だったら「逃げんなよ、餓鬼じゃあるまい」と言うかね。

    結局、生産性うんぬんとか、幸せな人生どーのは逃げ口上でしょ。
    痛いツラいキツいからの逃避でしかないだろ。

    友達の親を悪く言いたくは無いけど、
    生きられる確率を須く放棄するヤツは軽蔑対象でしか俺には無いよ。

    死んだ人間を蔑みはしないが、
    まだ生きているのに努力しないヤツは悪でしかない。

  7. シバ says:

    往生せいやぁぁあぁぁぁぁぁぁぁぁぁー

    全人類道連れじゃあぁぁぁぁぁぁー(芸無し

  8. あさ says:

    どうしても手術って本人の同意ないとできないのだな。
    やって死ぬかやらずに死ぬか。二択。
    どうせ死ぬじゃん。

    ゑほばの連中のおかげか。
    髪のもとへ送ってさしあげる?

  9. シバ says:

    死とかってカンタンな言葉で逃げをうつから
    こんな体たらくになんだよな。

    生きてないの反対は消滅、消えるんだよ、滅。

    みんな生きてるより苦しいトコに送られるといいのになぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA