かかわりの途上で

「かかわりの途上で」相川章子・田村綾子・廣江仁 著 を読みました。


e3818be3818be3828fe3828ae381aee98094e4b88ae381a7
かかわりの途上で

あっというまに読み終えました。PSWの業務の紹介の本です。
ケース検討の資料と違って、PSWの仕事をしていく中での想いが中心に書かれています。

読んで思うのは・・・。素直な思いは・・・。書けないや。

病院のPSWと施設のPSWの違いとか、実習で見たこととか、当事者の視点からのPSWの見え方とか、自分の体験上いろいろ考える部分があるんだけれども、PSWってひとくくりにするのは、精神障碍者をひとくくりにするのと同じで間違いなんだろうなと思いました。

もっとすごい話を隠し持ってるはずだけど、語らないし語れない・・・のではないかと。

読みやすい本だと思うので、PSWってなんだろう?という人にはいいと思います。
ちょっとお値段は割高に感じたけれど・・・。すてきなPSWがいっぱいいたらいいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA